パソコントラブル・疑問解決

MP3って何?

mp3(エムピースリー)は音楽ファイルの形式の一つです。

音楽のファイルにはいろいろな種類があります。

CDの音楽もその一種類です。

音楽CDのファイルは無圧縮なのでファイルサイズが大きくなってしまいます。

mp3は圧縮して、ファイルサイズを小さくしています。

 

mp3は圧縮した音楽ファイルでもっとも普及しています。

少し前までは「ミニディスク」というのがありました。

ミニディスクはmp3とは別の形式ですが、やはり圧縮した音楽ファイルです。

 

乱暴な言い方をすれば、圧縮すると言うことはデータを削ることになるので、

当然CDより音質は悪くなります。

同じ曲をCDと並べて聞けば、その違いはわかりますが、

mp3だけを聞いていれば全く問題ないぐらいきれいな音です。

 

mp3には圧縮率があり、同じ曲でも圧縮率の違いによって音質が変わってきます。

圧縮率を高くすればファイルサイズは小さくなりますが、当然音質も落ちます。

極端に圧縮したmp3は聞いただけで「音が悪い」と感じます。

 

同じ曲のmp3がいくつもある場合、

大まかな目安としてファイルサイズが大きい方が音質が良いといえます。

(必ずしもそうでない場合もありますが・・・)

 

mp3は一度圧縮すると元には戻せません。

mp3の音楽をCDで聞きたい場合は、mp3形式をCDの形式に変換して

CDに焼けば聞くことができます。

しかし、圧縮した音楽データのままCD形式に変換するので

音質はmp3のままで、CDの音質に戻ることはありません。

 

mp3は画像ファイルで言うとjpgみたいな感じですね。