パソコントラブル・疑問解決

デジカメでピントの合った写真を撮るには

一般的なデジカメについての説明ですが、機種によっては違う場合もあるので

当てはまらない場合は説明書を読んでください。

 

カメラをフルオートの状態にします。

シャッターを半押しにします。

すると液晶画面やファインダーで●印などの合図が出ます。

カメラによってその印は違うと思います。

印が出たらピントがあったということです。

印とともに「ピッ」とか「ピピッ」とか音もするはずです。

この音か、もしくは印が出たらシャッターを押し込みます。

 

これでピントがあった写真が撮れるはずです。

 

よくある間違えは、いきなりシャッターを深く押し込んでしまうことです。

一度半押しにしてピントを合わせてからシャッターボタンを押し込むクセをつければ大丈夫です。

 

最近のデジカメは進化して、ピントを合わせる場所をカメラが自動的に決めてしまうことがあります。

以前は被写体の中央でピントを合わせるようになっていたのが、

被写体の中で一番手前にあるものにピントを合わせたり、

自動的に人間の目を判断してそこにピントを合わせたりします。

便利なようで、かえって使いにくいときがあります。

ピントを合わせる場所は何かしらの枠で囲まれています。

液晶やファインダーでピント合わせの場所が自分の目的のものにあっていることを確認してください。

いくら半押しでピントを合わせても、自分の意志と違う場所でピントが合ってしまっては意味がないですから。

ピントを合わせる位置の設定は、各カメラの説明書で確認してください。