パソコントラブル・疑問解決

jpgの意味

jpg(ジェーペグ)はjpegと書いてあることもあります。

jpgは写真の形式のひとつです。

もう少し詳しく言うと、その形式の拡張子です。

 

写真はこまかい粒の集まりで、その一つ一つをドットとかピクセルといいます。

写真の大きさが大きくなればなるほど情報量が増え、ファイルサイズが膨大になってきます。

そのため、ファイルサイズを抑えるために圧縮する技術があります。

写真のファイルサイズを抑えるための方法としてもっとも一般的なのがjpg(ジェーペグ)です。

 

圧縮をかければかけるほどファイルサイズは小さくなりますが、画質は悪くなります。

まったく圧縮をかけない形式のものもあります。

無圧縮のもので一般的なものはbmp(ビットマップ)形式です。

 

形式 画質 ファイルサイズ
無圧縮 最高 最大
低圧縮 最高〜高
高圧縮

 

上の表で、低圧縮の時に画質が最高〜高となっていますが、

ある段階ぐらいまでは圧縮をかけても、見た目はほとんど劣化しないからです。

その境目は写真の種類によって変わってきます。

微妙なグラデーションのある写真などは低圧縮でも少し画質が悪くなるのがわかる場合があります。

 

jpgは一度圧縮をすると元に戻せません。

ですから、何度も圧縮をかけて保存していくと、だんだん画質が悪くなってきます。

カセットテープを何度もダビングすると音が悪くなるのと似ています。

 

画像の圧縮方法は他にもいろいろありますが、写真にはjpg形式がいちばん向いているようです。