パソコントラブル・疑問解決

デジカメや写真の解像度とか画素数、圧縮率の意味がわからない

デジカメやソフトの各メーカーによって、同じことを説明するのに違う言葉を使うからわからなくなってしまいます。

とりあえず写真の基礎的なことを覚えましょう。

 

写真は小さな「点」の集まりです。

その「点」のことを「画素」と言います。ドットとかピクセルと呼ぶこともあります。

デジカメの写真は縦横の比率が4:3ぐらいです。

300万画素のデジカメで写真を撮ると

2000x1500ピクセルの写真になります。(2000x1500=300万)

1600x1200=約200万 200万画素(ピクセル)

3000x2000=600万 600万画素(ピクセル) となります。

 

画素数が大きい方が大きな写真が撮れることになります。

この画素数のことを解像度と呼んでいる場合があります。

 

デジカメでは、撮影する写真の大きさを選ぶことができ、

300万画素のデジカメでも、もっと小さなサイズの写真を撮ることもできます。

 

写真をプリントするときに関わってくるのが解像度です。

単に画素数のことを解像度と言っている場合もあるので分かりにくくなってしまいます。

 

30万画素の写真と600万画素の写真をA4サイズでプリントします。

すると、600万画素の写真の方が圧倒的にきれいに仕上がります。

同じA4の大きさの中に30万の情報と600万の情報が入っているかの違いです。

 

dpiという単位を見たことがありませんか。

このdpiが解像度のことです。

dpiはドットパーインチの略で、

1インチ(2.5センチ)の中に何ドットの点が入っているかという意味です。

多くの点々が入っている方がきれいになります。

 

圧縮率はデジカメの画質の設定と関係してきます。

カメラによって画質の選び方は違います。

高画質 普通 低画質

スーパーファイン ファインなど様々です。

圧縮率が高い方が画質は落ちることを覚えておけば良いだけです。

 

まとめ

できるだけきれいな写真を残したい、きれいなプリントを作りたい場合は

写真サイズ=いちばん大きなサイズ

画質=いちばん高画質(低圧縮)

を選べば間違いないです。