パソコントラブル・疑問解決

インターネットで検索したい Yahoo編-1

調べ物をしたいときにインターネットは非常に役立ちます。

検索機能を活用すれば、辞書や辞典いらずです。

では、何か調べ物をするときにどうしたらよいのかを具体的に見ていきましょう。

 

ネットで検索するときに使うのは検索サイトです。

検索サイトとは、世界中のホームページから目的にあったホームページを選び出してくれるサイトのことです。

日本ではYahoo Japan(ヤフージャパン)が一番有名です。

 

まず、上のヤフージャパンの文字をクリックしてください。

ヤフージャパンのページが新しく開くはずです。(下の図参照)

 

ヤフー検索http://search.yahoo.co.jp/では検索の窓だけのページが開きますが、

検索の仕方は全く同じです。

 

 

@のウェブの色が変わっているのを確認したら

A空白の窓をクリックして、そこに検索したい文字を入力してください。

上の図では温泉と入力しました。

 

B検索ボタンをクリックします。(もしくは@のウェブをクリックしてください)

温泉に関係するホームページの一覧が表示されます。

 

次に検索結果の使い方を覚えましょう。

上の図は「温泉」で検索した結果のページです。

@の部分はYahoo! JAPAN提供の関連情報で、検索結果ではありません。

 

Aの部分にはスポンサーサイトと書かれています。

ヤフーと有料で契約をしているサイトです。

この場合は「温泉」という言葉で検索結果に表示されるようにヤフーと有料契約をしているサイトです。

当然温泉に関係するサイトです。

しかし、有料契約をしているサイト=広告を出しているということになるので、

旅行代理店であったり、宿の予約サイトだったり、チケットなどの販売サイトである可能性が高くなります。

 

Bの部分が世界中のサイトから温泉に関係するホームページを選び出した検索結果です。

この中には、温泉の情報だけを扱ったサイト、宿やツアーの広告ばかり集めたサイト、温泉場の公式サイト、趣味で温泉のページを作っているサイトなど

あらゆるホームページがあります。

 

つまり、AかBの中に、あなたが探している情報が載っているページがあるのです。

 

Cの部分に1〜10件目 / 約67,900,000件と書かれています。

つまり、「温泉」という言葉に関係あるサイトが6790万件あって、

そのうちの1〜10件目をこのページで表示しているわけです。

ページ下の方に行くと次のページへのリンクがあります。

(検索結果の数や順位は日々変化しています)

 

なお、表示される順位とページ内容は必ずしも一致しません。

順位が上だから優良なサイトであるとは限りません。

一般的には人気サイトや公式サイトは順位が上になる傾向がありますが、

中には広告ばかり集めた役に立たないサイトが上に表示されたり、

優れたページが下の方にあったりもします。

なるべく役立つページが上にくることが望ましいのですが、完璧には行かないようです。

そこが検索サイトの腕の見せ所でしょうね。

 

さて、6790万件もサイトがあったらどれを見たらよいのかわかりません。

もう少し選びやすい検索の仕方を考えましょう。

 

 1 | 次のページ2 | 3