パソコントラブル・疑問解決

ホームページとブログの違い

ブログは元々ウェブログという言葉が語源のようですが、

現在は日記サイトのような意味で使われています。

ホームページもブログもインターネット上で閲覧するページという意味では

同じものだと思っていてかまわないと思います。

 

それでは説明にならないので

大まかな違いを2つあげてみます。

 

一つは作り方です。

ホームページ(以下HPと書きます)は自分のパソコンでページを作成して、

それをインターネット上に送るという作業が必要になってきます。

ホームページビルダーというソフトが有名ですが、

これはHPを作るためのソフトです。

自分のパソコンにHPを作っても、他の人は見ることができません。

そこで、皆が見ることができる場所に作ったHPを送るのです。

皆が見ることができる場所(コンピューター)のことをサーバーと呼びます。

 

ブログは最初からサーバー上にあります。

サーバーを経営する会社が提供しているからです。

サーバー上にあるブログを直接編集するので送る必要もないし、

初心者でも作りやすいようにいろいろと工夫がされていて、

ソフトも必要ありません。

反面自由度が少ないので、会社側が用意した形以外のページを作ることができません。

 

もう一つの違いは、

ブログではコメントなどの意見を送ることができるということです。

HPでも掲示板などがある場合は意見を送ることができますが、

ブログでは最初からそのような機能が備わっています。

ブログは見ている側がそのページに参加しやすいという性格があります。

 

閲覧するだけなら違いなど考える必要はないと思います。