パソコントラブル・疑問解決

Windowsのバックアップ

Windowsのバックアップを取っておく利点は

@ウイルスに感染してしまった。

A原因がわからないが、Windowsの調子がおかしくなってしまった。

BWindowsが起動しなくなってしまった。

C新しい周辺機器の接続で失敗してしまい、周辺機器が使えなくなってしまった。

Dインターネットの設定を変えたら、つながらなくなってしまった。

など、Windowsそのものをインストールし直さなくては問題が解決しないときに

簡単かつ短時間で復旧できることです。

 

その他にもう一つ大きな利点があります。

それは問題が起きる直前の状態に戻せるということです。

 

Windowsを復旧する場合、

通常では、まず必要なデータをバックアップします。(業者やメーカーに修理を依頼してもデータのバックアップまでは面倒見てくれないよ)

その後Windowsを再インストール→アプリケーションのインストール

→周辺機器の設定→バックアップデータの取り込みという手順で行います。

ものすごい手間と時間がかかります。

 

ところが、バックアップソフトを使っているとクリックしていくだけで

簡単に壊れる前の状態に戻せます。

Windowsもアプリケーションもインストールしなくて良いし、

プリンタなどの周辺機器もそのまま使えます。

 

私の場合通常の手順で復旧すると2日かかる作業が

バックアップソフトを使うと20分で終わります。

 

これは感動ものです。

何でもっと早くから使っていなかったんだって思いました。

 

WindowsXPは標準でバックアップソフトがついています。

しかし、あまり使いやすくありません。

市販のバックアップソフトの方が簡単で性能も良いので、

別途購入した方が良いと思います。

 

私はtrue imageというソフトを使っています。

操作が簡単で動作も軽く、非常に重宝しています。

 

このソフトはアマゾンや楽天でも購入できます。

アマゾン Acronis True Image 9.0

楽天   Acronis True Image 9.0

 

このソフトのメーカー(プロトン)が体験版を出しているので、

ダウンロードしてインストールできるかどうか確かめるのこともできます。

 

true imageの使い方はこちらを見てください。