周辺機器

周辺機器の接続方法

ここでは、パソコンに外付けで接続するものをすべて

周辺機器として扱います。

 

パソコンと周辺機器をつなぐ方式はいろいろありますが、

USBという形式が今の主流です。

下の写真がUSBケーブルです。平たいコネクタがパソコン側、

右側の四角い方が周辺機器側につなぎます。

USBとよく似た形状のコネクターに、IEEE1394(ファイヤーワイヤー)

というものがあるので、注意してください。

EEE1394は音楽関係の周辺機器や、ビデオカメラなどの接続で使われます。

USBには1.1と2.0の規格があります。

2.0の方が新しい規格で、通信速度が圧倒的に速いです。

最近のパソコンでは最初から2.0に対応していて、1.1、2.0両方が使えます。

Windows XPの初期のモデルでは対応していないものもありますが、

周辺機器が使えなくなるわけではなく、速度が遅くなるだけです。