周辺機器

スキャナー

スキャナーは本や雑誌のページをはじめ、

様々なものを画像としてパソコンの中に取り込む機械です。

 

新聞記事のスクラップを取り込んだり、

雑誌の必要なページだけを取り込んで保存できます。

パソコンに保存してしまえば、新聞や雑誌は捨ててしまって大丈夫。

部屋が片付き広々。

そんな使い方が一般的です。

 

現在、スキャナーの種類はあまり多くありません。

プリンターとの複合機が増えたためかもしれません。

複合機のスキャナー機能についても以下のことは当てはまりますので、

参考にしてください。

 

スキャナーの機能

●CCDとCIS

スキャナーの原稿読み取り部分の仕組みは

CCDとCISの2種類あります。

 

CCD方式の特徴は

スキャナー本体の厚みがある。

一般的にCISより画像がきれいと言われている。

見開きの本などの見開き部分は、読み取りの台から浮いてしまうので

変形してしまう。

↑見開きの本をCCD方式のスキャナーでスキャンした例

 

CIS方式の特徴は

本体が薄いので省スペース。

しかし、見開きの本のなどの浮いている部分は読み取れない。

つまり立体物の読み取りはできない。

 

●解像度

スキャナーの売り文句に4800dpiとか書いてありますよね。

現在では3000〜9600dpiあたりがあるようです。

 

しかし、実際に本や雑誌をパソコンに取り込んで保存する場合は

せいぜい300doi程度しか使いません。

 

小さいものを取り込むときに高解像度が必要になります。

たとえば切手の画像を取り込むとか。

 

それにしても何千dpiなんて解像度は必要ないのです。

高解像度を必要とするのは写真のフィルムを取り込む場合なんかです。

 

スキャナーの上位機種にはフィルムを取り込む機能が付いています。

ネガしか残っていない写真でもパソコンに取り込むことができ、

それをプリンターで印刷できます。

 

写真屋さんで現像してもらった、サービスサイズやL版の

紙やき写真を取り込むには1000doi以下で十分です。

 

●写真の取り込み

古い写真は変色してしまったり、色あせしてしまったりします。

また、逆光で写した写真は顔が暗くなってしまうことがあります。

これを取り込んで、パソコン上で補正するにはレタッチソフトが必要だし、

ソフトの使い方もマスターしなくてはなりません。

 

最近のスキャナーにはこういった写真を、

自動で修正して取り込む機能が付いています。

完璧とは言わなくても、ある程度満足のできるレベルで取り込んでくれますし、

なにより簡単で便利です。

 

スキャナーの種類によって補正できる機能も違います。

 

●画像貼り合わせ機能

スキャナーの取り込みサイズは、A4サイズが一般的です。

A3サイズは業務用で出ていますが、本体が大きく、非常に重たいので

個人ユースではおすすめしません。

A3サイズの原稿を取り込むには、A4サイズで半分ずつ取り込み後、

レタッチソフトで2つの画像を貼り合わせます。

これにもソフトを使いこなす技術が必要です。

スキャナーの種類によっては、これも自動的にくっつけてA3サイズの画像に

してくれるものがあります。

手動で合わせるのに比べると、精度は落ちるようですが、

あれば便利かもしれません。

 

●OCR

普通に本を取り込むと、1ページ分が画像として取り込まれます。

文字として扱われないので、たとえばワードなどで読み込んで

文字の編集などはできません。

おまけに、画像ファイルはサイズが大きくて容量をくいます。

OCRソフトは文字の画像をテキストに変換してくれるソフトです。

ほとんどのスキャナーにはOCRソフトが付属しています。

 

●PEF出力

雑誌は1ページの中に文字と絵が混在しています。

スキャナーのPDFボタンを押と自動的にPDFファイルとして取り込みます。

ページ中の文字はテキストとして、

絵や写真は画像として取り込んでくれます。