周辺機器

デジカメ

今やカメラの主流はデジタルカメラです。

従来のフィルムカメラは一部のマニアだけのものとなってしまいました。

 

デジカメは多くの種類が出ており、パソコン同様選ぶのに迷ってしまいます。

 

まずは基本的なことを知っておきましょう。

 

●画素数

600万画素とか800万ピクセルとかいうやつです。

今のデジカメは最低でも500万画素クラスです。

一眼レフを買う人は別として、この数字はオーバースペックだと思う。

 

パソコンのモニターが19インチだと、

200万画素の写真はモニターに入りきりません。

もし入りきっていたら、

それはあなたの知らないところで縮小表示されているからです。

800万画素なら縦横が倍ずつになるので、写真の1/4も表示されないのです。

 

写真ファイルの容量も大きくなるので、

そのままメールに添付すると送れないこともあります。

 

高画素が必要なのはプリントアウトするときです。

写真を大きく引き伸ばす(正確にはプリントする)場合には

高画素の方がきれいに仕上がります。

A4いっぱいに写真を印刷するなら600万画素以上のカメラが

きれいな仕上がりが期待できます。

しかし、L版(写真屋さんで頼んできたときにできあがってくるサイズ)で

印刷するのなら高画素は必要ありません。

 

●ズーム機能

デジカメのズームには光学ズームとデジタルズームの2種類があります。

デジタルズームはソフト的に拡大するだけなので、

本当のズームではありません。

ズームの倍率を比較するなら、光学式の倍率だけで比較しましょう。

デジタルズームは使わない方が、きれいな写真が撮れます。

 

●レンズの明るさ、手ぶれ補正、高感度ISO。

カメラのレンズにはF値というのがあって、

数字が少なければ少ない方が明るいレンズです。

たとえばF1.2はいちばん明るいレンズだと思ってください。

 

明るいレンズのメリットは、暗いところでも撮影ができるということです。

暗いところで撮影するときは、光を多く取り入れるために

シャッタースピードが遅くなります。

シャッタースピードが遅くなると手ぶれ写真になってしまいます。

レンズが明るいとシャッタースピードが速くなり、

手ぶれになりにくくなります。

 

また、ISO高感度相当というカメラも、受光感度を良くして暗いところでも写せたり、

明るいときには、よりシャッタースピードを速くして写せます。

ただ、明るい場所での撮影では目立ちませんが、

暗いときの撮影では、多少ざらついた画質になってしまいます。

 

手ぶれ補正機能が付いたデジカメもあります。

シャッタースピードを変えるのではなく、カメラの振動を補正してくれる機能です。

望遠撮影とか、電車の中での撮影では手ぶれが起こりやすいです。

こんな場合でも、手ぶれ補正機能は効果があります。

 

←前のページ 1 2 3 次ページ→