パソコン基礎知識

拡張子

ウィンドウズの初期状態では拡張子は表示されません。

だから多くの人は拡張子のことを知らないでいます。

前項で書いたエクスプローラをもう一度開いてください。

今度はマイドキュメントを見てみます。

マイドキュメントにはドライブレターは付いていません。

実はマイドキュメントはCドライブの中の、

ある場所に保存されているフォルダに過ぎないのです。

ワードやエクセルでは、作成したファイルをマイドキュメントに保存するように

初期設定でなっています。

そのため便宜的に使いやすい場所にマイドキュメントを表示しているだけです。

 

さて、エクスプローラでマイドキュメントを開いたら、

ツールからフォルダオプションを選んでください。

図1

ダイアログが出てきたら、上部タブの表示を選びます。

詳細設定のスライドバーを下に下げて、

「登録されている拡張子は表示しない」にチェックが入っていたら

チェックマークをクリックして消します。

図2

チェックを消したらOKを押します。

エクスプローラの画面に戻ると、

ファイル名の後ろに.JPGとか.docが付いています。

図3

このファイル名の後ろに付いている.(ドット)以降の3文字もしくは4文字のことを拡張子と言います。

 

拡張子は、そのファイルの種類を特定するものです。

 

特定のソフトで作ったファイルには、そのソフト固有の拡張子がつきます。

たとえば、エクセルで作成した表ファイルにはxls、

ワードで作った文書ファイルにはdocといった具合に、

必ず決まった拡張子がつきます。

この場合、その拡張子のファイルを開くには、元となったソフトが必要になります。

ですから、拡張子docのファイルを見るためにはワードが必要です。

 

また、特定のソフトは必要としない汎用的な拡張子も多数あります。

 

たとえば、jpgは画像ファイル、txtは簡単な文書ファイルの代表的な拡張子です。

これらの拡張子のファイルは、いろいろなソフトで開くことができます。

 

拡張子を理解するのも、パソコンマスターへの近道ですので、

是非エクスプローラで拡張子を表示させる設定にしてください。

 

次ページでは代表的な拡張子の説明をします。