パソコン基礎知識

エクスプローラ 紹介編

Windowsにはエクスプローラ(エキスプローラ)というアプリケーションが入っています。

スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリと進むと

その中に入っています。

(見つからない場合はこちらを参照してみてください)

 

エクスプローラはパソコンの中身を見るソフトだと思ってください。

ファイルやフォルダが整理されて保存されている様子が見られます。

 

見るだけでなく、直接自分の思い通りに整理し直すこともできます。

 

エクスプローラを使いこなせれば、パソコンを使いこなせる。

と言っても過言ではないと思います。

 

一つの例を挙げて説明します。

 

皆さんはデジカメで撮った写真をどうやってパソコンに取り込むでしょうか。

デジカメに付属していた取り込みソフトを使う人が多いでしょうね。

 

まず、取り込みソフトをパソコンにインストールする。

取り込み方を解説書で読みながら、その通りに進める。

すると何となくパソコンに写真が保存されている。

 

こんな感じではないでしょうか。

デジカメを買い換えたら取り込みソフトも変わってしまうので、

また取り込み方を一から覚えなくてはなりません。

 

でも本当は写真の取り込みに専用ソフトなんて必要ないのです。

取り込みソフトは、単にコピーという作業をしているだけです。

エクスプローラを使えればもっと簡単に取り込めます。

どんなデジカメでもコピーの仕方は変わりません。

 

専用ソフトでは、どこに取り込んだ写真が保存されているのか、よくわかりませんよね。

でもエクスプローラでは自分の指定した場所に取り込むので、

きちんと写真の整理もできます。

デジカメを買い換えても、パソコンが変わっても関係ありません。

基本的なことさえ理解していればすべてに応用がききます。

 

取り込みソフトの使い方を覚える労力を、エクスプローラを覚える方に回しましょう。

エクスプローラを使いこなせるようになると、

初めて使うソフトの操作の仕方でさえ、なんとなくわかってしまうものです。

嘘じゃないよ。

 

エクスプローラ入門編では、エクスプローラの見方を中心に書いてあります。

エクスプローラ実践編では、実際にエクスプローラを使ってファイルのコピーや

整理の仕方を書いています。

 

どちらを先に読んでもかまいません。

実際に使ってみてから仕組みを読んだ方が理解しやすい人

(私はこのタイプです。どうも本とか読んで覚えるのは苦手)は

先に実践編を読んだ方が良いかもしれません。