パソコン基礎知識

エクスプローラ2

左側の(C:)をダブルクリックすると、右側にCの中身が表示されます。

その状態で、「表示」のところをクリックしてください。

出てきたメニューから詳細を選んでください(図3参照)

図3

 

下の図のようになります。

図4

「詳細表示」にすると各種の情報が表示されます。

画面左側にある「マイコンピュータ」が、自分のパソコンのことだと思ってください。

 

図4ではマイコンピュータの中にローカルディスク(C:)、ローカルディスク(D:)、

CD-ROM(R:)の3つがアルファベット付きで表示されています。

アルファベットのついていない項目は無視してかまいません。

 

(C:)を開いたので右側の窓に(C:)の中に入っているものが表示され、

左側では(C:)の下にそれが表示されています。

 

さて、この(C)とか(D)とか(R)とはいったい何のことでしょうか。

前ページの図2をもう一度見てください。

マイコンピュータの中にハードディスクドライブという欄があります。

パソコンの情報(ファイル)は、

すべてこのハードディスクドライブの中に保存されています。

そして、それぞれにわかりやすく(C)とか(D)とか名前を付けているだけです。

このアルファベットのことをドライブレターと言います。

 

また、リムーバブル記憶領域とは、

読んで字のごとく、取り替えができる記憶媒体のことです。

CDとかDVDはメディアを取り替えて挿入ができるのでここに表示されます。

これらにもドライブレターをつけて、わかりやすくしています。

 

各々のパソコンによってハードディスクドライブやDVDの数、名前、

割り当てるドライブレターは違っています。

しかし、Cドライブだけはどんなパソコンにも存在します。

それは、OS(Windows本体)はCドライブに保存することになっているからです。

 

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ