地上デジタル放送を見るためには

 


基礎知識 準備/テレビ編 準備/アンテナ編
テレビが映る仕組み

上の図は地上波テレビ放送の仕組みです。

地上を電波が飛ぶので地上波というだけです。単純です。

電波塔(東京タワーなど)からテレビの信号を電波でとばします。

各家庭のアンテナでその電波を受信します。

テレビの信号はケーブルでビデオやテレビに送られます。

テレビやDVDの後ろ側に壁から出てくる丸い線をつなぎますよね。

その線がアンテナケーブルです。

ケーブルで送られてきたテレビの信号はテレビやビデオ(DVD)の中にある

受信機で受け取ります。

この受信機のことをチューナーと呼び、

テレビやビデオには必ずチューナーが内蔵されています。

地デジでは地デジ用のチューナーが必要になります。

地デジ対応のテレビとは地デジ用のチューナーが入っているテレビのことです。

 

なお、地デジを見るためにはアンテナの種類も変えなくてはいけません。

詳しくは準備/アンテナ編を見てください。