電波障害で地デジが映らない。どうにか見ようと奮闘しています。そのレポートをリアルタイムで。

 


 記事は上から順番に並んでいます
 最新記事はいちばん下になります
スポンサードリンク
小型アンテナ実験詳細

2007/5/30

使ったアンテナは八木アンテナのUWPAという製品です。

テレビはシャープの地デジ対応21インチです。

 

アンテナケーブルが3mぐらいしかなかったので、テレビから3m離れた場所までしかアンテナを置くことはできませんでした。

 

ブースターは使用せず、アンテナとテレビを接続しただけです。

室内のいろいろな場所で試したところ、

ある方向の窓際に置くと、NHKとテレビ東京、放送大学が映りました。

テレビ側に受信レベルを表示するメニューがあり、

その時のレベルを見ると50〜60です。(最大100で表示されます)

テレビの説明書では60以上の受信レベルを推奨しています。

映らない民法の数値は30前後でした。

 

アンテナを窓から外に出し、できるだけ高い位置までひっぱてみると民法が映るようになりました。

その時の民法の受信レベルは40〜50あたりでした。

いろいろ試した結果、このテレビで受信レベルが40以上になると映るようです。

また、映る映らないの境目がはっきりしていて

映らないときは真っ黒の画面(受信レベルが低いと表示される)、映れば大変きれいです。

これはデジタルの特徴そのものだと言えます。

 

このアンテナは室内でも屋外でも使えます。

また、指向性があるので角度を変えるだけでかなり受信レベルが変わります。

屋外の条件の良い場所に設置すればかなり良い状態で受信するかもしれません。

また、ブースターを使用すればもっと良くなる可能性もあります。

 

近いうちに屋外設置を試してみようと思います。

 

私は屋外でも使えるもの、値段が安いものとしてUWPAを選びましたが、

このアンテナ以外にも多くの小型アンテナや室内アンテナがあります。

インテリアとしても使える室内アンテナがあったり、

もっと性能の高いものもあるようです。

どのタイプもここ半年ぐらいの間に販売されるようになったみたいで、

特許だとか実用新案なんて文字が目につきます。

 

ともあれ、ブースターを使用して屋外設置の実験を早く行ってみたいです。

うまくいけば、とりあえずは地デジ問題から解放されるのだから。